TEYUNOTE -テユノート-連載

【コン・テユ】ワタクシのもう一つのお仕事。

皆さん、アンニョンハセヨ

ソウルよりテユです。寒いですね!

ソウルも連日最高気温もマイナスの寒さが続いてます(涙)。

最近のワタクシは忙しく過ごしております。

俳優だったり、MCだったり、先生だったり、と色々やってますが、今回はまた違う一面を紹介したいと思います。今回は翻訳家そして、日本語指導や支える側の仕事の一面を。

こういう仕事に就きたいという方には参考にしていただけたら嬉しいです。

 

まずは去年一緒に作業した、超新星のユナクさんのアルバム『The One』が発売されました! 聴いていただけた方もいるかな?

多彩なジャンルの曲にユナクさんが挑戦しておりますので、機会がありましたら是非是非! お聴きください。

 

今年に入ってまた別に、超新星のソンジェさんとも一緒にお仕事しています。

超新星の皆さんはソロプロジェクトからご一緒させていただいてるのですが、

メンバーが作詞する時に、歌いやすく、より伝わりやすい単語選びや、現場での急な変更や、それに伴った日本語の対応、日本のチームスタッフへとお渡しするお手伝いをしています。

それとは別に翻訳の仕事もしています。これは情報解禁がまだまだ先なので詳しくは言えませんが、言えるようになったらお知らせさせていただきます。

 

この二週間のスケジュールとしては

14:00から日本語の指導 これは情報解禁前の仕事で日本語のイントネーションの指導です。

いま、4人の方の指導をしてるので、日々ループしてる感じです。

そして17:00 もしくは22:00からレコーディングへ

インスタにもアップしましたが、レコーディング前にチェックしてる写真ですね。

レコーディングのスタートが遅い時は、その間に指導する日本語への翻訳と最終チェックの作業をしてます。

なので、食事はレコーディングだとスタッフの、みんなとデリバリー系だったり、食事しない時は、こんな間食などがあります。

ザ、韓国で定番のお菓子達です。

 

1人の時は、おひとりさまでもいけるプンシッチプ(定食、ショッピングモールにありそうなフードコート)で簡単に済ませます。

最近みたいに寒いと、簡単であったかいのを食べたくなりますよねー。

これはプデチゲですね。

 

遅い時は26:00から、レコーディングの歌詞だったり変更があったりと、翌日のレコーディングの整理、確認。日本の、スタッフさんへ伝達と連絡。

同時進行の台本の次だったり、戻りがあったら確認と修正。

朝方まで少し寝て、また12時から仕事という感じです。

 

韓国でエンターテイメントのお仕事をしたいなーと思っている方は、もしかしたらこういうスケジュールに慣れる必要性もでてくるかもしれません。

アーティストのレコーディングなどは声の調子が良い夜に組まれることが多いので、グループになると1日10時間とか1曲を2日間に分ける事も多いですね。

K-popは音を重ねたりハモリなど構成が多くては重厚に作られている分、時間もたくさん掛かります。歌が日本語でコーラスに韓国の方が入る場合もあって、そういった場合にもレコーディングに立ち会います。

時間をかけて作られた楽曲であるので、こちらも愛情や感情が深く入ります。

みんなファンの皆さんに歌を届ける為、頑張ってるのでたくさん愛されてほしいなぁ、喜んでほしいなぁと思いますよね。

 

それでは、あんにょーん^^

Share:
コン・テユ