ENTERTAINMENTNEWS

ヒョンビンが初の詐欺師役に挑んだ話題作! 映画『スウィンダラーズ』7月公開!

映画『コンフィデンシャル/共助』など、アジア各国で絶大な人気・知名度を誇るヒョンビンが初の詐欺師役に挑んだ話題作『スウィンダラーズ』が、7/7(土)よりシネマート新宿ほか全国で公開される。本日予告編映像&本ビジュアルが解禁された。

韓国で実際にあった史上最大のマルチ商法詐欺事件をモチーフに制作された本作は、希代の詐欺師を捕まえようと集まった“詐欺師アベンジャーズ”5人と“エリート検事”による予測不可能ケイパームービー。

ある日、韓国を驚かせた希代の詐欺師チャン・ドゥチルが死亡したというニュースが発表される。しかし、詐欺師だけを騙す詐欺師ジソンは、チャン・ドゥチルがまだ生きていると確信し、事件の担当検事パク・ヒスに彼を捕まえようと提案する。そして、この作戦に演技で人を騙すベテラン詐欺師、美貌を武器にビジュアルで相手を騙す詐欺師、どんな情報でも収集できる詐欺師、騙されたように仕向ける詐欺師らが参戦し、最強のプロ詐欺師たちがチームになって駆け引きと裏切りの連続、大どんでん返しが繰り広げられます。

主演は、映画『コンフィデンシャル/共助』で北朝鮮の敏腕刑事を熱演したヒョンビンが、“詐欺師アベンジャーズ”のブレイン役を担う知能型詐欺師ファン・ジソン役に扮し、スタイリッシュで頭の切れるキャラクターをしたたかでセクシーな魅力溢れる演技で見せている。一方、ファン・ジソンと手を組む検察庁特別捜査本部の“エリート検事”パク・ヒス役に『オールド・ボーイ』のユ・ジテ、そのほか『ベテラン』のペ・ソンウや『新しき世界』のパク・ソンウン、さらには2014、2015年連続で米国の映画評論サイトTC Candlerが発表した「世界で最も美しい顔」1位に選ばれたK-POPガールズグループAFTERSCHOOLのナナが華やかな美貌と話術を備えた詐欺師チュンジャを演じたことでも話題を集めている。

 

 

解禁されたばかりのビジュアルでは、札が舞い散るなか、札を手にしているヒョンビンを中心に《詐欺師をダマす》“詐欺師アベンジャーズ”5人と“エリート検事”の姿が。『オーシャンズ』シリーズ、『グランド・イリュージョン』シリーズ、『10人の泥棒たち』、『華麗なるリベンジ』のように今まで《詐欺師》を題材として作られた作品が数多くなるなか、“詐欺師を捕まえる詐欺師”という一線を画す新鮮なコンセプトで贈る、新たな愉快・痛快・爽快の犯罪アクション・エンターテイメントに注目だ。

======================================
映画『スウィンダラーズ』 (原題:꾼)

監督:チャン・チャンウォン
出演:ヒョンビン(『コンフィデンシャル/共助』『王の涙-イ・サンの決断-』)、ユ・ジテ(『オールド・ボーイ』)、ペ・ソンウ(『ベテラン』)、パク・ソンウン(『新しき世界』)、ナナ(『グッド・ワイフ』)

ストーリー: 韓国を驚かせた希代の詐欺師 チャン・ドゥチルが死亡したというニュースが発表された。しかし、彼がまだ生きているという噂とともに、彼を保護した権力者たちが意図的に逃がしたという臆測が出回り始める。詐欺師だけを騙す詐欺師ジソン(ヒョンビン)は、チャン・ドゥチルがまだ生きていると確信し、事件の担当検事パク・ヒス(ユ・ジテ)に、彼を捕まえようと提案する。パク検事の非公式捜査ルートである詐欺師3人組、コ・ソクトン(ペ・ソンウ)、チュンジャ(ナナ)、キム課長も合流して、行方をくらましたチャン・ドゥチルの補佐役クァク・スンゴン(パク・ソンウン)に接近するため、新しい作戦を立て始める。しかし、パク検事はチャン・ドゥチル検挙ではなく、別の目的のためにひそかに違う作戦を立てる。これに気づいたジソンと他の詐欺師たちも互いにダマされないため、それぞれの計画を立て始めるが…。

配給:クロックワークス
公式HP: http://klockworx-asia.com/swindlers/

7/7(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

© 2017 showbox  and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

 

Share: