ENTERTAINMENTNEWS

チョ・インソン×チョン・ウソン 映画『ザ・キング』日本公開決定!

“やられたら、やり返す!それが政治理念だ!”をモットーに、1%の成功者になるため若き検事が成り上がっていく姿を描いた『THE KING』。歴代の大統領選の裏にうごめく金と権力のために動いた検事たちの物語は、情報操作やイメージ戦略、時にはヤクザさえも利用する。政治の非道さを描き出した、そのセンセーショナルな内容が話題を呼び、2017年1月に韓国で公開されると動員530万人を超える大ヒットを記録。この衝撃作が邦題を『ザ・キング』として来年2018年3月日本公開されることが決定。

 

 

本作は1980年から2010年にわたる激動の韓国現代史を背景に、国家という巨大ピラミッドに蔓延する理不尽なパワハラや大統領選挙の裏で活発化するスリリングな駆け引きを実話さながらに描きあげたスタイリッシュなクライム・エンタテインメント。赤裸々に権力の不条理を訴えた物語は大衆から絶大な支持と共感を得て、今年の映画賞レースを席巻。「第53回百想芸術大賞」で助演女優賞(キム・ソジン)、新人男優賞(リュ・ジュンヨル)の2部門を受賞、「第54回大鐘賞」では最多14部門ノミネートされ、助演男優賞(ペ・ソンウ)、助演女優賞(キム・ソジン)、シナリオ賞、編集賞の4部門を受賞している。

 

金と権力の虜になり、成り上がるために悪に染まる若き検事パク・テス役は、8年ぶりのスクリーン復帰となるチョ・インソン。99%の平凡な公務員検事を目指した彼が、1%の成功者になるため地滑りのように堕ちていく、苦悩と葛藤を見事に演じている。また、金と権力を持ち合わせた、絶対的成功者の検事部長ハン・ガンシク役はチョン・ウソン。真顔で踊るバブリーなダンスや熱唱デュエットなどおちゃめな一面まで、これまでにない演技の幅を見せた。そのほか『インサイダーズ/内部者たち』など社会派映画には欠かせないペ・ソンウ、『新感染 ファイナル・エクスプレス』の演技派キム・ウィソン、ドラマ『恋のスケッチ ~応答せよ1988~』や映画『タクシー運転手(原題)』で大注目のリュ・ジュンヨルが脇を固めている。監督は『観相師~かんそうし~』で韓国900万人動員を果たしたハン・ジェリム

映画『ザ・キング』は、2018年3月10日(土) シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

 

========================================

 

『ザ・キング』

監督:ハン・ジェリム『観相師~かんそうし~』
出演:チョ・インソン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、リュ・ジュンヨル ほか
配給:ツイン
2018/3/10(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

© 2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.

 

 

Share: