Can you feel PENTAGON?KPOPNEWSPICK UP連載

【Can you feel PENTAGON?】vol.3 HONG SEOK

メンバーにお願いしたアンケートをもとにPENTAGON各個人の魅力を紐解く『Can you feel PENTAGON?』。第3回目はPENTAGONのオンマ担当ホンソクの登場です。

【名前】
ホンソク

【生年月日】
1994.04.17

【ポジション】
ボーカル

【趣味】
運動、読書、音楽鑑賞、映画鑑賞

【特技】
英語、中国語、演技、コーヒーの試飲

【ニックネーム】
ホンシ、ヤオンイ(韓国語でニャンコの意味)

【すきな女の子のファッション】
綺麗なスタイル、ワンピース

【休日の日の過ごし方】
メンバー達と美味しいごはんを食べに行く
家族に会いに行く

【彼女にするならどのメンバー?】

 フイ

 

【理由】

フイヒョンが書けと言った…(泣)

留学経験があることからか、とてもフレンドリーで優しいホンソク。しかも気が利く上に綺麗好き。ペンタゴンメーカーでは朝一番に起きて皆を起こして回るなどメンバーの世話を焼く姿も見ることができ、「ホンオンマ(ホンソクお母さん)」なんて呼ばれていました。

「彼女にしたいメンバー」にフイの命令で「フイ」と渋々(?)書いたのも、そんなホンオンマの優しさからかもしれませんね(笑)ただ自身のアンケートによると「ヤオンイ(にゃんこ)」なんてとても可愛いニックネームに変わっているようですが、オンマだけではなくネコちゃんのような可愛さも併せもっているのでは?特技に「コーヒーの試飲」とありますが、寝ぼけまなこで起きてきたメンバーに目覚ましのコーヒーを入れているホンオンマの姿がなんだか目にうかびますね。

先に書いたように、中国に留学経験があるホンソクは中国語と英語が堪能です。中国語担当は中国人のイェンアンもいますが、英語はほぼホンソクが担当しています。グローバルに活躍するK-POPグループが増える中、2か国語が話せるというのはホンソクにとってもPENTAGONにとっても大きな武器になることでしょう。

ホンソクのボーカルは優しい感じのバラードにうってつけのボーカルといった印象。しかしペンタゴンメーカーでのサバイバルを通し、優しさだけではない深みも加わったように感じます。多くのみなさんがご存知かと思いますが、ホンソクは元YGエンターテインメントの練習生として有名な時期がありました。

今やBIGBANGの弟分iKONが結成されるきっかけとなったサバイバル番組「MIC&MATCH」に参加。その当時からボーカル技術は大変評価されていたホンソクですが、ダンス面で苦労している部分も見られました。残念ながらサバイバルに残ることができず、現事務所のCUBEエンタ-テインメントに移籍しペンタゴンメーカーに参加することに。その際も当初は本来の優しい性格からかセンターに行くことを遠慮してしてしまったり、ダンスで前に出ていくことが苦手だったホンソク。

しかしメンバーと一緒に過ごしていくうちに、ダンス力も身に付き、歌だけではなくダンスの実力もぐんぐん伸びていきました。過去のサバイバル番組で様々な苦労をしてきただけに、その経験を元に努力を重ねPENTAGONのメンバーとしてなくてはならない存在となっているのは確か。

過去の苦い経験もしてきたホンソクだからこその深みのあるボーカルとダンス。先日の「Like This」のカムバックの際のネット放送において、ファンからの「自分の輝いていた時期はいつ?」という質問に対し素直に「MIX&MATCHに出演していた時」なんてさらっと答えるあたり、今現在が充実しているからこそ出た吹っ切れた発言ではないかと感じました。

先日開催された日本で初めてのライブでは、
『一生懸命走った先にUNIVERSEが手を広げて待っていてくれるので僕たちは走ることができました。』
と語ったホンソク。応援してくれるファンの力というものを誰よりも身にしみて感じているホンソクならではのコメントではないでしょうか。
こんなコメントを聞いてしまったら両手を広げていつでもホンソクどころか全員を迎え入れてしまいますよね?
一見物静かそうに見えますが内に秘めたる闘志は誰よりも強いホンソクなのです。

次回はイドンの登場です!

Vol.1 JIN HO編はこちら

Vol.2 HUI編はこちら

Share:
keiko