ENTERTAINMENTEVENTKPOP

ナゴヤドームで4万人が大熱狂! 史上最大級のスケールで開催 「2019 MAMA」世界中の音楽ファンが大熱狂のフィナーレ!

地域や文化の境界を越えた新たな時代の先駆けとなる音楽フェスティバルが閉幕。
世界中の約200地域のオンライン視聴者がMAMAでひとつに!

「2019 Mnet Asian Music Awards (MAMA)」が12月4日(水)ナゴヤドームで開催。大盛況のうちに閉幕しました。
MAMA 史上初のドーム開催となった「2019 MAMA」は、イベント史上最大級のステージスケールとアーティストの華麗なパフォーマンス、ファンの熱狂的な反応がひとつになり新たなページを綴りました。公演が行われたナゴヤドームの会場は、アーティストを間近に見るために訪れたファンたちで埋め尽くされ、入場客はもちろん、チケットを手に入れられなかったけれども現場の雰囲気を感じたいファンまでもが殺到しました。好きなアーティストの応援プラカードと応援グッズを持ってきたファンたちは、浮き立つ気持ちを隠せない様子でした。

©︎CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

当日のレッドカーペットと授賞式の模様は、CS放送Mnet と Mnet Smart で生中継・生配信されたほか、日本以外では Mwave、YouTube、V live などのオンラインを通じて、約 200ほどの地域に発信されました。またアジアの主要地域のチャンネルでも同時に生中継され、世界中の音楽ファンたちとつながりました。 MAMA 開催中は地域と文化を問わず、グローバル音楽ファンが一丸となって最高のパフォーマンスを楽しんだようです。
「2019 MAMA」は音楽専門チャンネルである Mnet の演出とそのノウハウを注いだステージに加えて、最高のアーティストたちのパフォーマンスによって一層華やかに飾られました。

©︎CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

BTS、GOT7、MONSTA X、SEVENTEEN は最高のパフォーマンスで会場を埋め尽くしたファンの歓声を引き出し、CHUNG HA、TWICEは大物アーティストとして確かな存在感を、 ITZY、TOMORROW X TOGETHERは新人らしからぬ堂々としたステージでファンを魅了しました。
さらに、パク・ジニョンと MAMAMOO のスペシャルコラボは、今までどこでも見られなかったようなインパクトのある姿を披露し、観客たちを釘付けにしました。

BTS4 部門の大賞受賞!

BTSは昨年の大賞3冠に続き、「今年の歌手賞」「今年の歌賞」「今年のアルバム賞」「Worldwide Icon of the Year」など大賞を総ナメに。名実ともに今年最高の活躍をしたアーティストであることを改めて印象付けました。
「Boy With Luv」「Dionysus」など圧巻のステージを見せてくれただけでなく、 「皆さんの力になれるよう、我々がこの場が輝くようにがんばります。 皆さんのお陰様で力を得ていて、私たちも熱心に生きなければならないと改めて誓います。 来年一年もよろしくお願いいたします。 ありがとうございます」と感動的な大賞受賞スピーチでも会場を沸かせました。

©︎CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

SNSを通じて活発にコミュニケーションを図るグローバル音楽ファンのトレンドを反映し、ファンの選択だけで受賞者が決まるWorldwide Fans’ Choice投票は、昨年と同様「MAMA」の授賞式が行われている間、Twitterでリアルタイムで進行されました。MAMAのベント中には #MAMA2019 が全世界のTwitterリアルタイムのトレンド1位を占めました。すなわちTwitterのユーザーがこれまでで最も多く取り上げた言葉が「MAMA」であることを意味します。
アジア全域で愛されているパク・ボゴムが「2019 MAMA」のホスト役として授賞式を導き、チャ・スンウォン、イ・グァンス、イ・サンヨプ、イ・スヒョクなどの俳優をはじめ、レジェンド的な歌手シン・スンフン、元メジャーリーガーのキム・ビョンヒョン、モデルのジュ・ウジェらが登場しました。アーティストたちに多岐にわたる様々な賞を与えるために、中国や日本のセレブリティまでもが出演して「MAMA」をより一層輝かせてくれました。

©︎CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

「MAMA」はCJの文化事業に対する意志と挑戦が集約された世界有数の音楽授賞式で、2009 年に始まり、今年で11回目を迎えました。 韓国主催の授賞式として初のグローバル進出、初のアジア3地域での同時開催など、 最初の試みを繰り返すことによって先導的なイメージを構築してまいりました。年末授賞式という枠組みを越え、世界中のファンが楽しめる最大級の音楽フェスティバルとして、グローバルコミュニケーションの窓口ひいてはアジア大衆音楽拡散の場としての地位を強固にしております。また、「2019 MAMA」は冠スポンサーのCellreturnをはじめ、Qoo10、CONVINI、SUM37°らをスポンサーとして迎えました。
「2019 MAMA」のレッドカーペットと授賞式の模様は、Mnetにて日本語字幕版が1月21日にオンエア予定。 歴史的な受賞シーンの数々をもう一度振り返ってみてはいかがでしょう。

 

■「2019 MAMA」 受賞者一覧■
【今年の歌手賞】 BTS
【今年の歌賞】 BTS
【今年のアルバム賞】 BTS
【Worldwide Icon of the Year】BTS
【Worldwide Fans‘ Choice 賞】 BTS、GOT7、SEVENTEEN、TOMORROW X TOGETHER
TWICE、ATEEZ、MONSTA X、BLACKPINK、EXO、X1
【男性新人賞】 TOMORROW X TOGETHER
【女性新人賞】 ITZY
【男性グループ賞】 BTS
【女性グループ賞】 TWICE
【男性歌手賞】 BAEKHYUN
【女性歌手賞】 CHUNG HA
【ソロベストダンスパフォーマンス賞】 CHUNG HA「Gotta Go」
【男性グループベストダンスパフォーマンス賞】 BTS 「Boy With Luv(Feat.Halsey)」
【女性グループベストダンスパフォーマンス賞】 TWICE 「FANCY」
【ソロベストボーカルパフォーマンス賞】 テヨン 「Four Seasons」
【グループベストボーカルパフォーマンス賞】 赤頬思春期
【ベストバンドパフォーマンス賞】 JANNABI
【ベスト・ヒップホップ・アンド・アーバン・ミュージック賞】 Heize
【ベストコラボレーション賞】 イ・ソラ 「Song Request (feat.SUGA of BTS)」
【ベスト OST 賞】 GUMMY 「Remember Me (ドラマ『ホテルデルーナ(原題)』OST」

 

■MAMA とは■
「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」は CJ ENM 主催のアジア最大級の音楽授賞式。Mnet Asian Music Awards は 1999年に「Mnet 映像音楽大賞」からスタートし、2004年からの「Mnet KM Music Video Festival」、2006年からの「Mnet KM Music Festival」を経て、2009年に「Mnet Asian Music Awards」にアジアの音楽授賞式として生まれ変わった。その後は2010年のマカオでの開催を皮切りに、2011 年にシンガポール、2012年〜2016年は香港、2017年にはベトナム・日本・香港、2018年は韓国・日本・香港と様々 な地域で開催。世界中の音楽ファンたちが楽しむことのできる、アジア最高の音楽祭として成長し続けている。 2019年は初のドーム開催となった。
■2019 MAMA 特設サイト(日本) https://mnetjp.com/mama/2019/
■2019 MAMA 公式ホームページ(グローバル) 2019mama.com

 

【CS 放送 『Mnet』 放送情報 / 動画配信サービス 『Mnet Smart』 配信情報】

「2019 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」 日本語字幕版
2020年1月21日(火)16:00〜22:00オンエア&リアルタイム配信
☆Mnet Smartでは1月22日(水)12 :00よりVOD 配信スタート☆
「2019 MAMA バックステージ」日本語字幕版
2019年12月30日(月)23:00〜オンエア&リアルタイム配信
☆Mnet Smartでは12月31日(火) 12:00よりVOD配信スタート☆

 

【Mnet チャンネル情報】 https://mnetjp.com


韓国 100%エンターテインメントの CS 放送局。最新 K-POP や韓国ドラマだけでなく、バラエティや旅番組など、 様々なジャンルの人気コンテンツをお届け。スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能
【Mnet Smart】 http://smart.mnetjp.com/


日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。 韓国で放送している Mnet Korea と日本で放送している Mnet Japan のリアルタイム視聴ができるほか、番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネット接続デバイスで、 好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できる。

Share: