ENTERTAINMENTEVENTKPOP

【オフィシャルインタビュー】韓国でソロデビュー! YUKIKA「韓国アイドルの方々は、私にとってはハリウッドスターのような感覚でした。」

韓国ドラマ「アイドルマスター.KR」に出演し、「Real Girls Project」のメンバーとして活躍後、JTBCのオーディション番組「MIX NINE」や、channel Jの旅番組 「日本人も知らない日本旅行」などバラエティーまで幅広く、着々と活動の場を広げ、2019年には「NEON」で念願のソロデビューを果たした日本人アイドルYUKIKA(ユキカ)。4月には初ジャパンショーケースも成功させ、「KCON JAPAN」にも出演、日本でもその存在感をしっかりと認識させた彼女の素顔に迫った。

 

Q.初めての日本ショーケース無事終わりましたね!おめでとうございます!ショーケースを終えた感想を教えてください。

韓国でソロデビューしてまだ2か月で、日本はまだプロモーションをしたことがなかったのでお客さんが来てくださるか正直すごく心配しました。ですが、以前の活動時から応援してくださった方々や、新しくファンになってくださった方々がたくさん来て下さって本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。ファンの皆さんと近くで一人一人と目を合わせ、握手をすることが出来たのでよかったですし、準備したステージも緊張せずにちゃんと披露できました。とても楽しくて良い時間となりました。ありがとうございました。

 

Q.ユキカさんの声で聞く「LA・LA・LA LOVE SONG」、「Stay With Me」、「Be there」 がとても印象的でした。好きな曲もしくは普段よく歌うJ-POP、K-POPの曲をそれぞれ教えてください。 

私はJ-POPでは倉木麻衣さん、安室奈美恵さん、CHARAさん、YUKIさんなど女性シンガーが好きでよく聞いてました。韓国ではCHEEZEやLOCOBERRYさんが好きです。カラオケにはあまり行かないので、歌う機会はそんなにないですが、とても好きなアーティストの方々なのでよく聴いています。

「YUKIKA First Japan Showcase -NEON-」より

 

Q.日本に来たのは久しぶりですか?食べたかった―!と思った日本食はありましたか?

今回1年ぶりに実家に行きました!撮影でよく日本に来ていたのですが、四国や北海道など地方が多く、実家には行けませんでしたが、やっと1年ぶりに帰れました。
日本で食べたかったのは、100円寿司が好きで、特に100円寿司のトウモロコシのお寿司が好きです。あとは牛タンですね。

Q.逆に韓国に戻ったら食べたい!と思う韓国料理は何ですか?

とにかく辛いスープが飲みたいです。辛いカルビチム(辛いカルビの蒸し煮)やタクパル(鶏モミジ)、トッポキなどありますが、特に辛いトッポキが大好きです。辛いですが、その辛さに挑戦するのが好きでよく食べてます。

Q.ショーケースでは新曲も披露しました。次の活動が始まるということですが、その活動について答えられる範囲で教えてください。

次の活動を今準備している段階です。ショーケースでお見せした新曲はアコースティックバージョンですが、ファンの皆さんに早く披露したくて特別に用意しました。次はどんなコンセプトで出るのか楽しみにしていてください!

Q.次の活動目標はありますか?

ラジオにたくさん出演したいです。個人的に私の曲はラジオに合っていると思うので。ラジオに出演して、私の曲が流れたらいいなと思います。

Q.韓国で活動している日本人から見た、韓国アイドルたちの印象は?

韓国のアイドルは練習生時代を経ているので、デビュー時からすでに新人とは思えないくらいの実力があるのがすごいと思います。韓国アイドルの方々は、私にとってはハリウッドスターのような感覚でした。

Q.韓国と日本のファッションやメイクの違いについて

韓国ファッションの方が体のラインにフィットする服が多いのかな、という印象があります。日本は割と大きめの服をよく着るかな?と。また日本の方が柄が多い気がします。韓国ファッションの方がシンプルなものを好むかな。最近日本の方は韓国風メイクをしたり、韓国の方は日本風メイクをしたりでお互いの国のメイクに興味を持ってくださる方が多いと感じるので、なんだか嬉しいです。

Q.これから韓国へ観光する予定の読者へ、オススメの場所を教えてください!

私はカフェが好きでよく行きますが、江南には可愛いカフェがたくさんあります。江南にいらっしゃる際にはおしゃれなカフェツアーをするのも良いですね。あと、南楊州というところがありまして、ここにもおしゃれなカフェがたくさんあります。ソウルから近いので一度行ってみてください。

Q.日本のファンの皆さんへメッセージをお願いします!

これから日本でもファンの皆さんと会えるような機会をたくさん作りたいと思いますので、これからもっともっと応援していただけると幸いです。ありがとうございます!

Share: