ENTERTAINMENTEVENTKPOP

SF9公式ファンクラブ「FANTASY JAPAN」発足イベントを開催!

SF9(エスエフナイン)が、1/19東京・Zeppダイバーシティ東京でSF9日本公式ファンクラブ“FANTASY JAPAN”発足記念イベント「SF9 OFFICIAL FANCLUB LAUNCHING PARTY 〜The Beginning of Fantasy World〜」を開催した。

“FANTASY JAPAN”に加入した会員を無料招待した本イベント。開演前にはオープニングアクトとして、SF9のカバーダンスチーム「SWITCH & KPOP学園」とよしもと若手カバーダンスチーム「SY9(センセーショナルよしもとナイン)」が登場し会場を温め、そして、デビュー曲『Fanfare』から『O Sore Mio』までのダイジェスト、メンバーそれぞれの映像が流れファンの歓声が大きくなるなか、SF9がステージに現れた。

まずは最新曲の『僕の太陽 ~O Sole Mio~』からパフォーマンス。歌い終わると会場に集まった大勢のファンがいる客席をぐるっと見回し、「わ〜すごいですね!!」とメンバーはビッグスマイルに。

ヨンビンが「『SF9 OFFICIAL FANCLUB LAUNCHING PARTY 〜The Beginning of Fantasy World〜』にようこそ!」と呼びかけると、客席のファンから大きな歓声が上がった。

インソンが「僕、いま緊張しています。この日を心待ちにしていました!」、テヤンが「こんなに近い距離でたくさんの皆さんと会えてうれしいです!」と喜びを表すなか、チャニが「今日はFantasy(ファン)とSF9だけの時間です。皆さん一緒に“Fantasy World”おめでとうと言ってみよう!」と呼びかけ、メンバーとファンが一緒に「“Fantasy World”おめでとう!」と声を揃えた。さらにダウォンは「今年はもっと“Fantasy World”の皆さんと会えるようなたくさん作りたい」、ジェユンも「ぜひ僕たちSF9に会いに来てください!」と言うと、フィヨンが「もうすぐ新しい曲で活動するので、期待してください」とカムバックを予告。ファンのテンションが上がるなか、ジュホが「皆さん今日は一緒に楽しむ準備はできていますか? 次の曲、行くぞ〜!」という言葉を合図に次の曲へ。『ROAR -Japanese ver.-』では、ファンの掛け声もぴったり。『K.O. -Japanese ver.-』、『Easy Love -Japanese ver.-』も続けて披露。

昨年は、韓国での活動のほか、日本でのデビューと単独公演、そしてバンコク、マニラ、シンガポール、台北、香港のアジア5都市、ダラス、シアトル、ボストンのアメリカ3都市でのファンミーティングツアーを重ねてきた彼ら。海外の様々なステージに立ち自信をつけ成長したパフォーマンスを日本のファンに見せつけた。

動物の着ぐるみ姿のメンバーの映像の流れから、実際にその着ぐるみを着た9人がステージに登場。ヨンビンはシマウマ、ダウォンはカメレオン、インソンはカンガルー、ジェユンはゾウ、ロウンはひつじ、ジェホはサル、テヤンはオオカミ、フィヨンはカエル、チャニはコアラ。「しましま〜」、「ガルガル」、「キッキ」など自ら着た動物に合わせた挨拶を披露し、その可愛らしい動きに客席のあちこちから「かわいい♡」の声が。その姿のまま、トーク&ゲームコーナーへ。30秒間に質問に答えていく“SF9タイムショック”では、「メンバー内で仲のいいのは?」、「好きな女性の仕草をやってみて」「ライバルは?」などファンも気になる質問に次々に答えていく。ヨンビンが「(ビジュアルのライバルは)ロウン」や、インソンが「(尊敬している先輩は)CNBLUE先輩!」(CNBLUEの「サランピ」を即興で歌った)、ロウンが「(女性の好きな仕草は)髪を結ぶ仕草」と正直に回答。ジュホは「(ファッションで勝てるメンバーは)ヨンビン」と言うと、本人含めメンバーが同意。メンバー内ファッショニスタのダウォンが「ヨンビンさんは服を着ていないのが一番おしゃれ」と発言し会場は大爆笑の渦に。

会場のファンから質問を募り、2択の質問に答えるコーナーでは、「生まれ変わったら男、女のどちらがいい?」という質問に、「女性」と答えたテヤン。「女性に生まれ変わってメンバーと付き合う。最近ジェユンくんが魅力的で、2人きりで映画を見に行きたい」と言うと、会場は騒然! また「セクシーダンスが得意か否か」という質問から、得意とあげたテヤン、フィヨン、チャニがダンス対決。フィヨンが綺麗なターンが決まらないことを暴露され苦笑い。さらに、ヨンビン&ダウォン&チャニ<永遠(ヨンウォニ)>、ロウン&インソン&テヤン<お尻パンパン>、ジュホ&フェヨン&ジェユン<心ドキドキ>の3チームに分かれて、「高速ジェスチャーゲーム」、「尻相撲」、パン食い競争→足ツボマットの上でなわ跳び→風船割りの「障害物競走」の三番勝負では、ステージの上というのを忘れてしまいそうなわちゃわちゃした光景にファンは微笑ましく見守っていた。勝負の結果は<ヨンウォニ>チームが最下位に。自分の名前を尻文字で書く罰ゲームを披露した。

ここで、1/17に18歳の誕生日を迎えたチャニへ、メンバーとファンが一緒に「Happy Birthday」を韓国語で合唱する一幕もあった。

黒と赤でコーディネートされた衣装に着替え再びライブパートへ。『Jungle Game -Japanese ver.-』『Fanfare -Japanese ver.-』をパフォーマンス。ダウォンとチャニが客席に向かってハートを贈る場面も。

最後はステージの左右、中央と3回移動して、全員で「ありがとうございました!」と会場のファンへ感謝の気持ちを表した9人。「僕たち頑張ります!皆さんこれからもずっと応援してください」と呼びかけたメンバーの想いに、ファンは拍手と声援でこたえていた。記念撮影をしてこの日のイベントは全て終了。「これから僕たちはもっと成長してハイクオリティなパフォーマンスを見せて、皆さんと楽しんでいけたらと思っています。これからもよろしくお願いします!」と意気込みを語ったヨンビン。2018年も日本での9人の活動に期待だ。

 

SET LIST

M1.僕の太陽 ~O Sole Mio~

M2.ROAR -Japanese ver.-

M3.K.O. -Japanese ver.-

M4.Easy Love -Japanese ver.-

<Talk&Gameコーナー>

M5.Jungle Game -Japanese ver.-

M6.Fanfare -Japanese ver.-

 

SF9 JAPAN OFFICIAL SITE :http://sf9-official.jp/
SF9 JAPAN OFFICIAL TWITTER:@SF9_official_jp

Share: