ENTERTAINMENTEVENTKPOPPICK UP

FNCアーティストが集結!「2017 FNC KINGDOM IN JAPAN-MIDNIGHT CIRCUS-」

FNCエンターテインメントのアーティストが一堂に集まる「2017 FNC KIGDAM IN JAPAN –MIDNIGHT CIRCUS-」が12/16、17、千葉・幕張メッセで開催。SHELBEE…は12/17の2日目に参加してきました!

 

今年で5周年を迎えたFNC KINGDAM。FTISLAND、CNBLUE、AOA、N.Flying、SF9、HONEYSTら FNCエンターテインメント所属のアーティストが自身のグループのパフォーマンスのほか、他グループのメンバーとのコラボステージを披露。2日間で約2万人のファンが集まり、このイベントでしか楽しめないステージを大いに楽しんでいました。

真夜中に開かれるサーカスをテーマにした今回。ピエロの先導でチェ・ミンファン(FTISLAND)カン・ミンヒョク(CNBLUE)キム・ジェヒョン(N.Flying)オ・スンソク(HONEYST)の4人のドラマーによる力強く華やかなオープニングパフォーマンスの後に各グループが登場。ステージに全グループが揃うと、ジョン・ジョンファ(CNBLUE)が「<2017 FNC KINGDAM IN JAPAN-MIDNIGHT CIRCUS->へようこそ!」、イ・ホンギ(FTISLAND)も続いて「お待たせしました!今から始まります!」と開幕を告げると会場のファンの大きな歓声が上がりました。

 

2日目のトップバッターは、チェ・ジョンフン(FTISLAND)が星野源の『恋』をヨンビン&ジェユン(SF9)をバックダンサーに従え披露。ギタリストのジョンフンとダンスという意外性がファンにとっては嬉しいステージとなった。ヨンビン&ジェユンも先輩をしっかりサポート♪

 

ジミン(AOA)の「T4SA」に続き、スンヒョプ(N.Flying)ジュホ(SF9)が加わりマーク・ロンソン「Uptown Funk」で会場を煽りながら盛り上げた。パフォーマンスの最後には、「盛り上げありがとうございます!」とジュホ。

 

1日目はトリを務めたCNBLUE。2日目は序盤の盛り上げ隊長としてきっちり会場をヒートアップ! 「Get Away」「I’m sorry」「Cinderella」「Glory Days」などを披露。ステージを所狭しと駆け回ったヨンファは、ライブ後半「You’re so fine」では客席に降りてより近くでファンとの触れ合ったり、SF9の「O SOLE MIO」を即興でピアノ演奏。「このまま朝までやりたい」とこの空間を誰よりも率先して楽しんでいる様子で、さらに予定にはなかった「Wake Up」を入れるなど、ファン大満足のステージを展開した。

 

 

イ・ホンギ(FTISLAND)は自身のソロ曲から、ソリョン&チャンミ(AOA)と「Be Your Doll」、そして「CNBLUEが盛り上げてくれたけど、ちょっと悲しい曲を歌います」と、バラード「Insensible」を圧倒的な歌声で客席に届けた。

 

 

待ちに待ったファンからの歓声に迎えられたSF9は、「Fanfare Japanese Ver.」「Easy Love Japanese Ver.」を立て続けに披露。ヨンビンは「去年に続きFNC KIGDAMのステージができてとても幸せです」、チャニは「SF9は6月に日本でデビューしました。僕たちのアルバムも発売されました。全部みなさんのおかげです」、ロウン「みなさんにもらったこの熱い想いを必ず返したいです。ぜひ待っててください!」とファンへメッセージ。その後はオースティン・マホーンの「Dirty Work」をジミン(AOA)とコラボステージ、再び9人で「ROAR Japanese Ver.」「僕の太陽〜O SOLE MIO〜」を力強くパフォーマンス。

 

 

イ・ジョンヒョン(CNBLUE)は、2018年1月に発売される2ndソロアルバム収録曲で、自身が出演する映画『生きる街で』(2018年3月公開)の挿入歌であるバラード「ひかりのまちで」をライブ初披露。温かな歌声で会場を包み込んだ。

 

 

日本のステージは約1年ぶりとなるAOAは、「Excuse Me」「愛をちょうだい」「Like a Cat」などセクシーでキュートなステージを披露。「気持ちを一つにして頑張ります。戻ってくるので待っていてください!」と今後の日本での活動を期待させるコメントを残した。

 

 

ミンファン(FTISLAND)ジェヒョン&フェスン(N.Flying)フィヨン&ダウォン(SF9)は嵐の「Love so sweet」をダンスを交えキュートにカバー。5人のわちゃわちゃした楽しい雰囲気に会場はほっこり。

 

 

今年5月に韓国でデビューしたばかりのHONEYSTも登場。エド・シーラン「Galway Girl」のカバーのほか新曲「恋愛したい」を披露。ヴォーカルのチョルミンが「コンサートで歌えて嬉しいです」と日本語で挨拶。リーダーでベースのドンソンが「日本でも活動できるよう、応援してください」と呼びかけた。

 

 

スペシャルコラボのハイライトとなったのは、イ・ホンギジョン・ヨンファのコラボステージ。2人が2009年に出演したドラマ「美男<イケメン>ですね」でそれぞれが演じたバンドA.N.JELLのメンバー、ジェルミ(ホンギ)、シヌ(ヨンファ)に扮して「シヌ〜」「ジェルミ〜」と掛け合いつつドラマOST「Promise」「Still」を歌い上げた。

ヨンファが「今日はトークショーでしたか?」とジョークを挟むほど、トークが尽きない2人。ヨンファが好きなシーンの、シヌ(ヨンファ)が明洞で密かに想いを寄せるコ・ミナムのあとをつけるシーンを2人で再現する場面も。ホンギが「4人はすごく仲が良くて、台本にないアドリブもたくさんやった」と振り返った。

前日にも披露したこのコラボについて、「FTISLANDもCNBLUEもみんな頑張ったんだけど、A.N.JELLのステージが一番楽しかった」と社長をはじめみんなに褒められたと明かしたヨンファ。この日も会場の盛り上がりを肌で感じ、「今日は2人ですけど、テギョンさん(チャン・グンソク)、コ・ミナムさん(パク・シネ)の4人で東京ドームでライブしましょう!」と提案。ホンギも「A.N.JELLは3曲しかないけどね(笑)。でも、ミュージカルとか、ロックやジャズバージョンにアレンジすれば2時間できるかな?」と言うと、会場が大爆笑しながら拍手と声援で応えた。

 

デビューサバイバル番組「プロデュース101 season2」出身のフェスンが加入した新生N.Flyingは「A U Ready?」「Endless Summer」「ギガマッキョ」などを披露。フェスンが「日本のみなさんと会えて緊張しています。メンバーのみんなも優しくてとても幸せです」と挨拶。スンヒョプが「新しいN.Flyingに期待してください!」。

 

 

ユナ(AOA)インソン(SF9)はチャーリー・プースの「We don’t talk anymore」をクールな歌声でカバー。歌い終わった後の脱力感か、動かないインソンの肩をユナが叩いてステージを降りるハプニングも。

 

 

ジョン・ヨンファ(CNBLUE)は、ソロ曲「SUMMER DREAM」「One fine day」のほか、ヨンビン、ロウン、テヤン、チャニと「That Girl」をダンス付きでパフォーマンス。チャニが「(ヨンファのダンスが)僕たちより上手でびっくりしました」という言葉に、ヨンファが「お世辞でしょ?」と日本語で返すと、意味がわからないまま、「はい」と返してしまい、韓国語で意味を知ると必死で発言を撤回する場面も。さらに、テヤンが「夢のステージは東京ドーム」と明かすと、ヨンファが「言葉にしたらいつか叶う!」と彼らの夢の後押しをした。

 

 

2日目のトリを務めたのはFTISLAND。「Wind」「I want」「Champague」「The night」「Take me now」などをホンギの力強い歌声と安定のロックサウンドで会場の雰囲気を一気に自分たちの空間に。また、「FNCのヴォーカルの中の希望」とN.Flying新加入のフィスンを呼び込み、「未体験Future」を力強い歌声で一緒に歌った。

「 FNCのみんなが同じところに集まるのは1年でここしかない。「ホンギ、今日この時しかないんだ」とヨンファくんが俺を説得した、それは正しいと思った。ヨンファが天使なら、俺は悪魔だな(笑)」と振り返ったホンギ。最後の曲「Paradise」を歌う前に、「今日1日がパラダイス(Paradise)だと思ってくれたら本当に嬉しい。今年もいい思い出を作った、来年もたくさんの思い出を作ろう!FNCのみんながいい音楽をプレゼントするから待っててください」と挨拶し、さらにこの日誕生日のベースのジェジンのお祝いも含め「FNCファイティン!ジェジンお誕生日おめでとう!」とステージで乾杯した。

 

再び全アーティストが揃ってステージに登場したフィナーレ。イ・ホンギが「今年も幸せに終わりました!」、ヨンファが「来年もみなさんまた会いましょう!」、最後に全アーティストで「ありがとうございました!」と挨拶をし今年のFNCの祭典は終了。ライブ中にホンギが「FTISLANDがいろんな色に変われるように、FNC KINDDOMもいろんな色を見つけていってるんじゃないかな」と語っていた通り、各グループの成長により年々多彩な表情を見せているFNC KINDDOM。各アーティストの来年の活動を期待させる2017年の集大成イベントとなった。

 

 

Share: