KPOPうちのマンネをお願いします

うちのマンネをお願いします(ヒョギ編)

第9回はデビュー5周年を迎え、現在日本ツアー真最中!VIXXのヒョギです。

マンネNote.9 ヒョギ(VIXX)
本名 ハン・サンヒョク
ポジション ダンス、ヴォーカル
生年月日 1995.07.05
身長   184cm
体重   63kg
血液型  O型
(公式HPより)

頑張り屋度★★★★✩
Mnetのオーディション番組「My Dol」の厳しいサバイバルを経て選抜されVIXXとなったメンバーたち。
メンバーたちの中で一番最後に合流したヒョギは当時まだ17歳の高校生でした。
すでに他のメンバーたちが長い間共に練習してきた中に入りたった3ヶ月でVIXXとしてデビューしたヒョギは人一倍努力し練習を重ねたはずです。合流当初はメンバーたちが恐かったなど、メンバーとの交流にも一苦労したことを語ったこともあるほど。
ジャスティン・ビーバーに憧れ歌手を目指したというヒョギは、その夢を当初は両親からも反対されたそうですが、学校で一番の成績をとって両親を納得させ、夢を叶えることになります。
「歌手になりたい」という熱い熱い情熱があったからこそ、10代だった若いヒョギにとってはなかなか馴染みにくい環境のなかでも頑張ることができ、そしてVIXXのマンネとして今ではメンバーたちにも可愛がられ認められた存在になっているんですね。
昨年には初出演の映画作品「チェイス~夜明けまで走れ~」で上海国際映画祭の新人賞も獲得。歌手だけではなく俳優としてもこれから非常に期待が持てます。

愛嬌度★★★✩✩
マンネ=愛嬌担当といわれるK-POPグループですが、愛嬌があまり得意ではないというヒョギ。
実は「サンナムジャ(男の中の男)」と言われるほど男っぽい性格なのだそう。
女性からすると愛嬌を求められてもなかなかできない不器用さが女心をくすぐる部分でもありますよね。
つい先日(7月5日)誕生日をむかえたヒョギは英国の歌手エド・シーランの「photograph」をカバーし、それに乗せて未公開の幼少期の写真や過去画像を編集したものを公式サイト上で公開しました。
もちろん画像はどれをとっても今のヒョギの面影を残しつつ可愛らしいものばかり。
男っぽいセクシーな歌声とのギャップもあり、ファンたちからは大絶賛。
愛嬌が苦手ながらも、ファンたちを喜ばせる様々な面で十分すぎる愛嬌を感じることができます!!
不器用な男性が逆に女性のハートをつかむのは日本も韓国も同じなんですね~。

ブラックマンネ?度★★★☆☆
マンネながら背も一番高くどことなく落ち着いた雰囲気をもつヒョギですが、年上メンバーたちをいじったり、時にはタメ口で話したり、という姿もメンバーたちから語られています。どうやらいたずらの標的になっているらしい最年長メンバーのレオは、
「仕返しをしようとしてもヒョギだけにはかなわないんです…」
と諦めモードの回答をしていた事があるほど。
ライブ中にヒョギに水をかけられたレオが、仕返ししようと水をかけ返したところ、レオ自身がその水にすべって転んでしまったエピソードをラジオで語ったこともありました…(これはレオがドジなのかも!?)
ヒョギは「ヒョンたちがからかってくるからやり返しているだけ」というスタンスのようですが、年上メンバーたちがハプニングで慌てたりする姿を見るのが面白いとも言っていたので、マンネの皮をかぶった小悪魔?的な部分があるのかも?
「サンナムジャ」でありながら、そんないたずらっ子な部分を時折見せる姿がやはりマンネらしくメンバーはもちろんの事、ファンからも愛されるヒョギなのです。

VIXX日本公式サイト「STARLIGHT JAPAN」
https://lovevixx.com/

VIXX日本公式モバイル
https://sp.vixxmobile.com/

9月27日、日本アルバム「ラララ~愛をありがとう~」発売決定!
http://www.jvcmusic.co.jp/vixx/

Share:
keiko