EVENTKPOPPICK UPRecommend

【独占! 舞台裏映像&コメント】SE7EN FAN MEETING 『THE SE7EN’s AWARDS &MINI LIVE』

2017年7月7日。7が3つ揃う「777」の日。 SE7ENのSE7ENによるSE7ENとファンのためのファンミ―ティング、 SE7EN FAN MEETING 『THE SE7EN’s AWARDS &MINI LIVE』が中野サンプラザにて開催されました。

SHELBEEではSE7ENの1日密着取材を敢行、ファンミーティングだけでなく舞台裏でのSE7ENの様子もお伝えします。独占映像やコメントも見逃さないで!

SE7EN FAN MEETING 『THE SE7EN’s AWARDS &MINI LIVE』
ARGS Productions
Photo by 田中聖太郎

SE7EN FAN MEETING 『THE SE7EN’s AWARDS &MINI LIVE』  Photo by 高橋優也

 

お昼前に楽屋入りしたSE7EN。さっそくメディアのインタビュー取材がはじまります。
SHELBEEもインタビューに参加!事前にツイッターで募集したファンの皆さんからの質問もぶつけてきましたよ! 終始和やかムードでお答えいただきました! 独占インタビューは後日公開しますのでお楽しみに!

インタビュー終了後はリハーサル。 細かな立ち位置のチェック、ダンスリハーサルなど真剣に、時にコミカルにリハーサルをこなしていく姿を見るだけでも本番への期待が高まります!
いよいよ本番間近! 楽屋から発声練習の声が響きます。開演直前、楽屋から真っ白なスーツにサングラス姿のSE7ENが登場。 颯爽とステージに向かう姿はため息もの。

さあ、ファンミ―ティングの始まりです!!

SHELBEEのカメラにハートをサービスする余裕も♪ Photo by 高橋優也

ステージ裏、本番前の貴重なSE7ENの姿 Photo by 高橋優也

ステージに上がる直前の緊張みなぎる後ろ姿 Photo by 高橋優也

とことん「7」にこだわったこの日、7時7分7秒にオープニング映像が流れ開演。『THE SE7EN’s AWARDS &MINI LIVE』という公演タイトルどおり、授賞式風のステージが現れます。ステージ上には階段まで用意されているという豪華ぶり。 これまでに見たことのないユニークな形式のファンミーティングです。
MCに呼び込まれ、オープニングアクトとしてSE7ENが階段から登場。

ファンの声援に応え登場! ARGS Productions Photo by 田中聖太郎

「BETTER TOGETHER」と「DIGITAL BOUNCE」の2曲を披露し、客席の“7スティック”を持ったファンを一気に魅了します。 そして、いよいよ授賞式へ突入。 1つ目は「Lucky7賞」。 プレゼンターSE7ENから、「7番」「77番」「777番」受賞者が読み上げられます。 この番号は、入口でファンに配布されたカードにふられていました。 思いがけずラッキーな番号を手にした3人のファンが登壇し、SE7ENからトロフィーを渡され、記念撮影まで! SE7EN自身が感心するほどの出来になったトロフィーを受け取った3名は、満面の笑みで本当に嬉しそうでした。

まさにLuckyな日のLuckyなファンに捧げる賞です。ARGS Productions Photo by 田中聖太郎

続いては、「2017 Best Album賞」。 音楽プロデューサー・新川さんが登場し、授賞式らしくノミネート作品を経てこれから発売されるSE7ENニューアルバムが受賞! 衣装をチェンジしたSE7ENが登場し、「珍しいですよね、まだ発売していないのに(笑)」という授賞コメントで会場を笑わせます。
「でもベストなアルバムができるように頑張ります!」と意気込みも語ってくれました。プロデューサーの新川さんも 「いつもライブを意識して様々なジャンルの曲を入れるんですが、彼は難しい楽曲でもすべて自分の物にするので一緒に仕事をするのが楽しい」 とSE7ENを絶賛。二人の信頼関係が見える光景でした。 ここで、ニューアルバムに入る予定の新曲を披露。タイトルは「No.7」。 「7」にこだわった、キャッチ―でダンサブルな楽曲で、ニューアルバムへの期待が高まります。

歌に続いてトークコーナー。 自身の曲「僕が歌えなくても」にちなみ、【僕が答えなくても】というコーナータイトル。 ファンから募った質問に答えていきます。

司会のヒョンギ氏と共に質問を選ぶSE7EN。ARGS Productions Photo by 田中聖太郎

◆「ドラマみたいに寝室の壁に大きな自身の写真を飾っていますか?」
「やってないです!あれダサくないですか?」
と言う言葉にドッと笑うファン(笑)。 その後MCから「どんな部屋?」「ベッドの向きは?」など自宅の様子を聞かれ、なぜか恥ずかしがっていました。

◆「北海道で、皆でキャンプしませんか?」 この提案にはSE7ENも「いいですね!」とまんざらでもない様子。 以前、沖縄でファンの皆さんとキャンプをする予定が台風で中止になったエピソードを語り、「北海道や沖縄でまたやりたいです」という発言に、ファンは大喜び!

◆「バラードだけのコンサートをやってほしいです」 この希望はファンの間では以前からよく出ているよう。
「やってみたいですが…ダンスなくても良いんですか? バラードばかりで皆さん寝ませんか?寝ないならやります!」
と約束し、ファンからは笑いと拍手が巻き起こりました。

再び授賞式に戻り、「2017Best Musical No.賞」。 今年5月に日本で上演されたミュージカル、『メイビー、ハッピーエンド』の「Goodbye My Room」が選ばれると、俳優チェ・ドンウク(SE7EN)が演じたオリバー役の衣装で登場。ヘルパーロボットという難しい役どころを演じたこのミュージカルにはとても思い入れがあるそう。 「このミュージカルは本当に面白いので、観る機会があったらぜひ観てください。僕が出なくても(笑)」 と笑わせつつ、また機会があればぜひ演じてみたいと語り、「Goodbye My Room」を披露。 退場するときもオリバーになりきってロボット風に退場し、会場を和ませました。

 

最後は「2017 THE SE7EN’s AWARDS 大賞」。 SE7ENが活躍するのを助けてきた人物に贈られるメインの賞。 プレゼンターのSE7ENから、 「大賞はLUCKY SE7EN(ファン)の皆さんです!おめでとうございます!」 と発表するやいなや、会場内にたくさんの金テープが舞いました。 「皆さんがいなければ、今の僕はいません。皆さんの応援が僕の力になります」 というSE7ENのコメントにホロリと来たファンの方々も多かったのでは?

「2017 THE SE7EN’s AWARDS 大賞」はファンのために。ARGS Productions Photo by 田中聖太郎

 

そしてここで嬉しいお知らせが! 9月に東京と大阪で今年2度目のLIVEを開催すると発表。 ニューアルバムとLIVE、下半期もSE7ENの活躍に期待ですね! 授賞式後には、ミニライブ! 黒ジャケットにサングラス、前髪はアップスタイルでさっきまでとは違うクールな姿で登場し、「Dangerman」と「Somebody Else」を披露。会場内の熱気があがり、授賞式の和やかな雰囲気から一気にライブモードへ。

ワイルドにSE7ENの魅力全開で始まるミニライブ Photo by 高橋優也

続いて「僕が歌えなくても」をしっとりと歌い上げ、「君が好きだよ」では客席に降りてファンと触れ合う嬉しいサプライズ。ファンからもらった花束を手にしながら会場内を歩き、ファンを湧かせ、最後に「Give It To Me」のダンスで会場を酔わせミニライブ終了。

ファンたちとの近い距離でコミュケーションを。 Photo by 高橋優也

圧巻のパフォーマンスもファンのために。ARGS Productions Photo by 田中聖太郎

 

大歓声のステージには金のテープが。ARGS Productions Photo by 田中聖太郎

終演後はグランプリをとったLUCKY SE7EN一人一人にSE7EN自ら手渡しでメダルを贈呈し感謝を直接伝えました。 最後までさまざまな演出でファンを喜ばせてくれたSE7EN。まさに“SE7ENのSE7ENによるSE7ENとファンのための”一日となりました。

SHELBEEもイベント終演で1日密着取材が終了。バックステージでは、 SE7ENさんから「今日一日ありがとうございました」と声を掛けていただき、握手まで! ステージ終了直後、お疲れのところSHELBEE読者にむけて再びコメントもいただきましたよ!
今後もSHELBEEではSE7ENの情報やインタビューをお伝えしていきます。どうぞお楽しみに!!

【SHELBEE 独占舞台裏映像&コメント】

 

Share:
keiko