ENTERTAINMENTKPOP

コン・ユ主演ドラマ『鬼<トッケビ>』話題沸騰のオープニングテーマ曲が明らかに!OSTの魅力に迫る【後半】

韓国中を熱狂させたドラマ『鬼<トッケビ>』の劇中歌であるOSTは、同ドラマの大ヒットの要因の1つといえるだろう。韓国放送当時、ネット上ではドラマの内容、俳優らの熱演、映像美、OSTへの称賛の声が溢れると共に、OSTの歌詞が今後の展開の伏線になっているのではという説も浮上するなど、何かと話題となったOST。

tvN『鬼<トッケビ>』公式サイトより

前半では、ドラマ『鬼<トッケビ>』のOST Part 1からPart8までを紹介した。
後半では、話題沸騰のオープニングテーマ曲やドラマ放送終了後も各種音源サイトを席巻し続けた名曲など、OST Part 9からPart 14までの計8曲(Part11は3曲同時公開された)を動画と共に紹介し、その魅力に迫ってみたい。

 

OST Part 9
「첫눈처럼 너에게 가겠다(初雪のように君に行く)」Ailee

 

第11話放送後に続く第12話の予告映像で初めて流れ、視聴者の爆発的な反応を引き起こした同曲は、音源公開と同時に各種音源サイトを席巻し、ドラマ終了後も何週にもわたり上位圏をキープし続け根強い人気を見せつけた名曲だ。歌唱力で定評のあるAileeの力強いボーカルとキム・シンのウンタクへの溢れる想いを表現した切なく悲しい歌詞とに心が揺さぶられる。第13話、キム・シンが消滅した切ないシーンに続く第14話の予告映像、第14話、キム・シンとウンタクが再会したシーンなどで登場し、視聴者の胸を熱くした。

 

OST Part 10
「소원(願い)」Urban Zakapa(アーバン・ジャカパ)

 

混声グループUrban Zakapaのメンバー3人が順番に歌っていくスタイルが特徴的な曲。切ないメロディと恋人と別れた事実を受け入れることができず愛する気持ちさえも否定してしまおうとあがく心情を描いた歌詞が胸に響く名曲だ。「1日2日過ぎ1週間 時間は流れるけれど私は空だけ見てる 何も考えずに」という歌詞が心に響く同曲は第12話放送後に続く第13話の予告映像で登場した。

 

OST Part 11
「And I’m here」김경희(キム・キョンヒ)(에이프릴 세컨드)(エイプリルセカンド)

 

「あなたが寂しい時、あなたのためにそばにいるから」という歌詞が印象的な同曲は、ピアノの音とエイプリルセカンドのキム・キョンヒの中世的なボーカルが響き渡る神聖な雰囲気漂う曲で、悲しい運命の下に生まれながらも明るくたくましく生きるウンタクに励ましと慰めを与えるというテーマで作られたという。第1話、ウンタクと母の別れのシーン、第2話、ウンタクが叔母のひどい仕打ちに1人涙するシーン、第3話、行き場を失くしたウンタクが海辺で母を思いながら泣くシーン、第12話、会長との別れを悲しむキム・シンをウンタクが励ますシーン、第13話、キム・シンとウンタクが最後の別れを交わすシーンなどで登場した。ウンタクのみならず視聴者にも励ましと慰めを与えてくれた名曲。

 

OST Part 11
「Winter is coming」한수지(ハン・スジ)

 

同曲の歌詞はロシア語やフランス語など様々な言語を組み合わせ構成され、歌詞の意味はなくイメージに重点を置いて作られたという。オープニングテーマ曲も歌うハン・スジの幻想的な歌声に魅了される。第2話、ウンタクがバス停でラジオを聴きながらカナダでの思い出に浸るシーン、第4話、カナダでウンタクが手紙を書くシーン&キム・シンが詩集を読むシーン、第7話、そば畑でのキム・シンとウンタクのキスシーンや、ウンタクの卒業式の日にキム・シンと写真を撮る微笑ましいシーンなどで登場、ロマンチックで不思議な雰囲気を演出した。

 

OST Part 11
「Stuck in love」김경희(キム・キョンヒ)(에이프릴 세컨드)(エイプリルセカンド)

 

「And I’m here」に続きキム・キョンヒが歌う同曲はドラマのティーザー映像「キム・ゴウン編」に挿入された曲。第13話、パク・チュウォンとの対決を前にしたキム・シンとウンタクの切ないキスシーンなどにも登場、独特で幻想的な雰囲気が漂う曲だ。

 

OST Part 12
「HEAVEN」로이킴(ロイ・キム)&김이지(キム・イジ)(꽃잠프로젝트)(コッジャムプロジェクト)

 

ロイ・キムとコッジャムプロジェクトのボーカル、キム・イジによるデュエット曲。ロイ・キムとキム・イジの春を感じさせるハーモニーとアコースティックな雰囲気が何とも心地よい。第11話で桃の花が満開になる中キム・シンとウンタクが幸せそうに微笑み合うシーンなどで流れた。

 

OST Part 13
「LOVE 」MAMAMOO

 

女性アイドルグループMAMAMOOが歌うアコースティックで爽やかな雰囲気溢れる曲。
第5話、キム・シンの家で暮らし始めたウンタクにキム・シンと死神が差し入れするシーン、第12話、サニーの店で死神の同僚たちが会食するシーンなどで登場した。

 

最後に紹介する曲は初回放送から話題となっていたあの曲!

OST Part 14
「Round and round」Heize (Feat. 한수지(ハン・スジ))

 

オープニングタイトル曲であり、第2話、コン・ユとイ・ドンウクの2人が暗闇の中を歩いてくるランウェイシーンで視聴者の心を鷲掴みにした曲。問い合わせが殺到していた同曲のタイトルは当初なかったため、歌詞から「Never far away」と視聴者に名付けられ、ハン・スジが歌う夢幻的な50秒バージョンの曲として親しまれた。「絶対に遠くに離れて行かないで」という歌詞が印象的だ。第14話、記憶を失くしたウンタクがキム・シンを召喚するシーンでも流れた。

OSTの最後を飾る曲として正式に発表されたタイトルは「Round and round」でHeizeがボーカルを担当。ハン・スジはフィーチャリングとして参加したが、ハン・スジのバージョンを望む視聴者の要望が殺到、CJ E&M側はハン・スジの50秒バージョンの発売について検討すると表明している。

 

以上、全16曲を紹介させていただいた。

OSTの記事を執筆するにあたり、ドラマ『鬼<トッケビ>』を再度視聴。今回視聴したことにより、セリフや内容、登場人物の表情を追っていて気が付かなかった細かい部分が明らかになると共に、「この曲はこのシーンで使われていたのか!」とまた新たな感動が沸き起こった。

先日韓国からドラマ『鬼<トッケビ>』のOSTが届いた。OSTを聴きながらドラマの世界に再び浸っている筆者のお気に入りの曲は、前半で紹介したCRUSHが歌う「Beautiful」だが、他の曲も大好きな曲ばかり。
歌詞の内容とどんなシーンで流れたのかを知ることで、ますますドラマ『鬼<トッケビ>』の魅力が深まるのではないかと思う。
皆さんの心に残った曲はどの曲ですか?

Share: