BEAUTYENTERTAINMENTEVENTFASHIONFOODKPOP

【KCON 2018 JAPANレポート】KCONブースには魅力がいっぱい!

2018年4月13日(金)〜15(日)に幕張メッセで開催された「KCON 2018 JAPAN」。今年は3日間の総来場者数 68,000 人と大盛況となりました。
連日夜開催の「M COUNTDOWN」だけでなく、コンベンションエリアではKカルチャーを体験できる様々なブースがいっぱい!音楽だけでなく、ファッション、美容といった韓国好き女子なら必見のブースをエリアごとにご紹介していきます。

アイドルに会えるチャンスも!K-POPエリア

MOMOLAND、MAP6、A.C.E、RAINZ、flomis_9など、KCON 2018 JAPANを盛り上げたアーティスト、グループやTOWER RECORDなど計22ブース。KCONではイベントによって撮影Okとあって、時には本人たちがブースに訪問し、直接触れ合えるチャンスもありたくさんの人が集まっていました。まさにKCONの醍醐味を味わえるエリア!

CUBE ENTERTAIMENT JAPAN
初日に登場のPENTAGONの所属事務所、CUBEエンターテインメントのブースではグッズの当たる抽選会が実施され、連日多くのお客さんで賑わっていました。メンバーの特大パネルには、彼ら直筆のサインだけでなくメンバーの顔にいたずら書きも。(イドンのヒゲとユウトのリーゼントはイドンのいたずら書き、ウソクは自分で髪の毛を足しています!)その他、PENTAGONだけでなく所属アーティストへの応援メッセージを書いた付箋を貼り付けられる企画もあり各アーティストのパネルにはたくさんの応援メッセージが貼り付けられていました!

SF9
2日目、3日目に登場、来月には大阪・名古屋・東京でのZeppツアーも開催されるSF9のブースでは、新曲「マンマミーア!」の等身大パネルが用意され、メンバー達の間に入って一緒に写真が撮れる特設フォトスペースが!2日目にはメンバー達が直接ブースを訪れパネルにサインを書き入れ。訪れたファンは楽しそうに写真を撮っていました。

SEVENTEEN
2日目の「M COUNTDOWN」に登場、待望の日本デビューがいよいよ来月に迫ったSEVENTEENのブース。彼らのパネルが飾られ、オフィシャルグッズの数量限定販売もあり、多くのファンが訪れていました。日本デビューとその後の日本での活躍も大いに期待されますね!

おしゃれも、美味しいも!Kカルチャーを見つける楽しみ!ファッション・ビューティ・フードエリア

K-POPアイドルたちが盛り上げる会場には、韓国スタイルのメイクやファッションをまとった女の子たちがたくさん!気になるファッション、ビューティ、フードのブースも一部ご紹介します。

KONVINI
昨年ラフォーレにオープンしたKONVINIでは、ソックスとクーポン券を配布。 KCON STAGEでは、スペシャルゲスト“MASC”も登場したランウエイも行いました。ブースにはオブジェの様に積み上がったソックスの山! 通販サイトもオープンし、韓国おしゃれブランドをチェックするならば、はずせないショップです!(KNOVINI紹介記事はこちら

LAP(LosAngelesProject) 
3/31、原宿にオープンした韓国発マルチセレクトショップ「LAP(LosAngelesProject)」
「wanna one」のカン・ダニエルを広告キャラクターに起用し、カン・ダニエルが着用した「EDITION」シリーズのアイテムなどを販売。カン・ダニエルの等身大パネルも設置されたブースは常に大行列でした!

ウォンクアン大学校 イクサン韓方病院
広大な敷地のウォンクアン大学内にあるイクサン韓方病院の院長、脊椎関節の名医イ・ジョンハ院長が自ら問診から、手で患部を探しその場で不調を軽減してくれる、かなりスペシャルな体験ができるブース。SHELBEE…もスタッフが体験。肩や背中の痛みに悩まされていたのが、すっと軽くなり楽になりました!リハビリなど高度な医療を受けられるイクサン韓方病院は、今後、旅行客へのツアーなどを行う予定。

LA LENTEUR
ソイキャンドル、アロマルームスプレー、アロマディフューザーなど天然エッセンシャルオイルを配合したナチュラルなヒーリングアイテムが揃います。リラックスした心地よい暮らしに取り入れたくなります。

Keep in Touch
「ウォーターリップタトゥーティント」や「ホワイトブレンドベースクッション」など、韓国のインスタグラマーの間で人気のコスメ。パッケージもキュート。

Eat Me
天然のオレンジオイル、オレンジピールを使用したデコポンの香りが爽やかな歯磨き粉。

コミュニティーベーカリー 風のすみか
三鷹の「ジブリの森」の前にあるパン屋さんのブース。実はフリースクールを運営し、そこに通う若者が働ける自分を見つけ出せるよう、働き方を一緒に考え、学ぶ場を提供。敷地内にあるファームで作られた小麦で天然酵母を使ったパンやジャムを作っています。韓国にもフリースクールが多く、交換留学も盛んに行なわれてるのだとか。交換留学ですっかり韓国好きになり、今では完璧に韓国語を話せるようになった生徒もいるそう。

bibigo
グローバル韓食No.1 ブランド、bibigoのブースも連日賑わっていました。100%果物発酵酢で作られたお酢ドリンク「美酢(ミチョ)」の試飲、オリジナルビビンパの試食のほか、手軽に本格韓国料理が食べられるレトルト食品や調味料などの紹介も。

K-POP、K-DRAMA、K^BEAUTY、K-FOODなど、まさに多様な韓国のカルチャーを体験できる「KCON 2018 JAPAN」。KCONで新たな魅力を発見し、ますます好きになっていく、そんな熱気溢れる3日間でした。
近日中にKCONレポート“アーティスト編”も公開しますので、お楽しみに!

KCON 2018 JAPAN
4月13日(金)、14日(土)、15日(日)
幕張メッセ 国際展示ホール4〜6ホール

Share:
keiko