ENTERTAINMENTFASHION

ドラマファッションCheck! 『嫉妬の化身 ~恋の嵐は接近中!~』

『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』『主君の太陽』など大ヒット作に主演する
“ラブコメの女王”コン・ヒョジン。
彼女の魅力は、ふとした仕草、芯の強さがありながら、まもりたくなる雰囲気。
いわゆるテンプレ美人じゃないのに、愛おしく思える表情。そして、抜群のセンス!

演技もファッションも、独自のセンスで常に話題ですよね。
同じ服を着ても、おしゃれに見えるのは彼女の独特なニュアンスがモノをいうのでしょう。
センスが唯一無二の魅力をつくりだしている、そんな女優さんではないでしょうか?

そんな彼女の最新出演ドラマ『嫉妬の化身 ~恋の嵐は接近中!~』の前半のストーリーから
私たちもマネできるファッションをご紹介。

注目ポイントは、スリーブコンシャス!
トレンドの袖の遊びを制してセンスアップを目指しましょう。

スリーブコンシャスって??
《スリーブ=袖》《コンシャス=意識的な》という意味で、今年の春夏に注目を集めている盛り袖になっているトップスのこと。リボン・フリル・バルーン・フレアーやベルなど、女の子らしくてかわいいデザインで袖にポイントを持たせたトップスが大人気です!

『嫉妬の化身 ~恋の嵐は接近中!~』は、コン・ヒョジン演じる、アナウンサーを目指すお天気キャスターピョ・ナリ、ナリが思いを寄せていた報道記者のイ・ファシン(チョ・ジョンソク)、そしてファシンの親友である御曹司コ・ジョンウォン(コ・ギョンピョ)の三角関係をポップに描いたドラマです。

まずは1話のピョ・ナリの登場シーンの白いボウタイブラウス。
できるキャリア女子に人気のボウタイブラウスも、スリーブコンシャスを取り入れたリボン袖!
このポイントがあるだけで、キュートな女性らしさをプラスしていますよね。そしてボトムはビッグギンガムのイエロースカート。すでに可愛すぎます。ここにギンガム(しかもイエロー)をもってくるあたりが、本当におしゃれ。無地だと会社にもOKなルックですが、初夏の爽やかさを感じるビッグギンガムでぐっとおしゃれ度アップです!トップスにポイントが多いので、すっきりとタイトにIラインでまとめるとバランスが取りやすいので、おすすめです。

2話では、仕事でイ・ファシンが駐在するタイへやってきたピョ・ナリ。
暑い国に合わせたフラワープリントのリゾートワンピースです。
お仕事で来ただけに、カジュアルだけど、バカンス感をおさえたチョイスは絶妙ですよ。

ここでも袖に注目!ドルマンスリーブに今年らしく袖口にポイントが。
フラワープリント、レッド、袖リボン。3種のラブリーな要素があるのにこなれた大人な雰囲気に仕上がってます。さりげなく肘でシンプル結び。ここはこなれポイントですね!ボリュームのあるトップなので肘、ウエストでトメを作ると、スタイルアップします。そうする事で、胸元のアキやミニ丈がヘルシーに見えてきますよね。

そして、このコーディネートは、カラーを2色に抑えた事も大人リゾートの正解例。リュックもスニーカーも白。アクセサリーや時計はシルバーとレッド。潔いよい!全体を3色でまとめるとおしゃれに見えるといわれていますが、暑い国は、街にも色があふれています。ですので色数をおさえたほうが断然、ファッションが際立つ!そんなマイナスの計算も大人のリゾートスタイルには必要だと、思わせてくれるルックです。

そして、再びソウルに戻り、2話のピョ・ナリのかなりカジュアルなこのスタイル!

一見、普通のラグランロンTに見えますが…
じつはフレアスリーブになっています!

見えるか見えないくらいの丈のデニムショートパンツで、ボーイズライクなカジュアルスタイルですが、
袖が広がったフレアスリーブで一気にトレンド感がアップしています。ロンTがこんなにおしゃれに見えるってすごい事ですよね!実は、このフレアスリーブには華奢見せ効果もあるので、ボトムを短くするとさらなるスタイルアップもかないます。短いボトムに抵抗がある方は、タイトなひざ下スカートにして、ウエストはインすると袖のボリュームが目立って同じく華奢見え効果がありますよ!

それにしても、このロンTは韓国ファッションらしさ満載ですね。ストリートなのにかわいいテイストは、やっぱり韓国にある!

ドラマ後半でもいろんなピョ・ナリファッションが楽しめる、『嫉妬の化身』。彼女の恋の行方も気になりつつ、ファッションにも大注目です!

 

「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」
DVD-BOX1 7/5(水)発売
DVD-BOX2 7/28(金)発売
DVD-BOX3 8/9(水)発売
各15,000円(税抜)
※同時レンタル開始
発売元:アクロス/TCエンタテインメント/ぴあ/TBS/TBSディグネット
販売元:TCエンタテインメント

(c)SBS

 

 

 

 

 

Share: