ENTERTAINMENTEVENT

イ・ギュハンが日本初ファンミーティングを開催!「常に成長しようと努力する、もっと良い俳優になります」

『私の名前はキム・サムスン』、『恋人がいます』、『王になった男』などに出演する俳優イ・ギュハンの初の日本ファンミーティング『Lee Kyu Han 1st Fanmeeting in JAPAN』が5月12日、東京・北とぴあ つつじホールで行われた。

今回の日本ファンミーティングが自身初のファンミーティング。会場のファンへ歌のプレゼントからスタートし、「僕のファンミーティングに来てくださり、本当にありがとうございます」と緊張を見せながらも笑顔で挨拶した。

まずは、イ・ギュハンのことをもっと深く知るための企画コーナー「イ・ギュハンの人生グラフ」からスタート。幼少期、小学、中学、高校、20代、30代、それぞれの時代に点数をつけ、自らの人生を振り返った。
60点をつけた幼少期は、引っ込み思案な性格で家にいることが多く当時は俳優になるなんてことは想像もしていなかったというイ・ギュハン。小学生時代を70点、中学時代は成績も優秀で性格も明るくなりどんどんモテるようになったと、照れながら100点をつけた。しかし、高校時代は当時大人気だったパク・ジニョンにはまり、彼のダンスを真似してばかりいたせいで成績が落ちてしまったというエピソードとともに50点をつけると客席から笑い声が上がった。その後俳優活動を始めた20代、30代については60点、70点と少しずつ上昇。「演技を始めてから少しずつ成長してきたと思っています。常に成長しようと努力する俳優になります」と語ると応援の拍手が送られた。

続く「イ・ギュハンのベスト劇場」コーナーでは、これまで出演したドラマから代表作として『恋人がいます』『金持ちの息子』『ブッとび!ヨンエさん』をピックアップ、映像や当時のエピソードを披露した。
『恋人がいます』からワンシーンがスクリーンに映し出されると、モニターを横目でチラチラと見ながら落ち着きがなさそうな行動を見せたイ・ギュハン。「自分が出演したドラマをこれまで見たことがない。(この映像も)初めて見た」と明かすと客席から驚きの声が。「演技をしているときは胸が痛かった」と当時の撮影を振り返り、「(涙でぐちゃぐちゃになった自身の映像を見て)こんな表情をしていたなんて…。こんな顔だったなら撮影を中断してくれても良かったのに。…監督にこの後電話します」と照れ隠しのように冗談を交えてコメント。さらに、『金持ちの息子』で2018年MBC演技大賞で優秀演技賞を受賞した際の受賞挨拶の映像が流れるとさらに恥ずかしそうな様子。魅力的なキャラクターと話題になった本作の演技。1998年にドラマデビューして以来初の受賞ということで自身にとって思い出に残る授賞式だったようだった。さらに、『ブッとび!ヨンエさん』の映像では見ている客席も思わず笑い声が出てしまうほどコミカルなシーンが満載。演じたウェブトゥーン作家は、一見素に近いように見られがちだが、「実は(役柄と)結構違っています。僕はあんなに食べないし、とちらかといえば潔癖」と視聴者の印象を訂正する場面も。

ファンと積極的にコミュニケーションを図るコーナーも用意され、イ・ギュハンの好きな飲み物や食べ物をファンが2択から選んでいく「テレパシーゲーム」や、イ・ギュハンが自ら紙に書いてある品物を時間制限内に客席から借りてくる「借り物ゲーム」では、イ・ギュハンが中心となって会場が一気に盛り上がった。また、ファンからの質問コーナーでは、趣味を聞かれ、「これまでは何もなかったが、料理バラエティ「『Shall We Chicken?』(JTBCで放送中)」に出てから料理が趣味になった」と話し、機会があればその腕前を披露したいという意欲をのぞかせた。さらに、「壁ドンしてほしい」というお願いにも気さくにこたえ、独特の壁ドンを披露したり、MCのいたずらでコミカルなポーズを会場をさらに沸かせた。

イベントの最後には、「みなさんが盛り上げてくれて僕を助けてくれた。本当に今日は楽しかった」とイ・ギュハン。「またみなさんにお会いできる機会には、もっと楽しいことを考えてきますから、絶対にお会いできたら嬉しいです」と再会を約束。
そして、改めて、感謝の思いを伝えるため、軍隊にいたとき以来という自ら書いた手紙を日本語で読み上げたイ・ギュハン。

「僕の想いを表現することは難しいですが、今日ここにきてくれた皆さんと、僕にたくさんの励ましそして応援をしてくださる皆さんに心より感謝いたします。そして、皆さんと一緒にいられて幸せです。
今日僕と一緒に過ごした時間が楽しくて大事な思い出になることを願っています。
イ・ギュハンはこれからもっと良い俳優、良い人になります。
今日ここに来てくださった皆さんにもう一度感謝の言葉を贈ります。愛しています。」

終演後には、来場者全員をハグで見送った。
イ・ギュハンはこのあと出演ドラマ『王になった男』が6月よりKNTVで放送されるほか、8月より韓国で放送されるドラマ『優雅な家(原題)』の撮影中だ。

※イ・ギュハンインタビューを、後日掲載いたします。

Share: