ENTERTAINMENTPICK UP

『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』主演パク・ヘジン インタビュー!

7/14(土)よりシネマート新宿ほかで公開される『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』の主演を務めるパク・ヘジンが6月上旬、映画の先行上映イベントで来日。作品についての話から最新ドラマの話まで、率直に語っていただきました!

『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』は、韓国で累積再生回数11億ビューを記録した大人気ウェブ漫画が原作。 2016年にケーブルテレビ局tvNにてテレビドラマ版『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』が製作され、同局で月火ドラマ歴代最高視聴率を記録するなど話題に。すべて完璧だがどこかベールに包まれた先輩ユ・ジョンと、平凡だが魅力たっぷりの女子大生ホン・ソルが繰り広げる、ハラハラドキドキの胸キュンラブストーリーで、主演を務めたパク・ヘジンはテレビドラマ版にも主演。放映当時から原作ファンの間でユ・ジョン先輩そのものと呼ばれ、“ユ・ジョン先輩シンドローム”を巻き起こしたパク・ヘジンは、視聴者を悶絶&胸キュンさせたソフトで甘い笑顔とクールなカリスマ性をスクリーンで再び披露している。

 

「率直に自分の気持ちを表現できないところが似ていると思います」

映画版は、原作漫画を凝縮したスピーディな展開になっていますね。もっと長くてもいいんじゃないかなって思うくらい(笑)。

この映画の分量から考えると、まだまだ足りないですよね。原作のウェブ漫画に忠実に描くには、シーズン制にして何本作らないと足りないくらい、元々漫画の分量がたくさんありますから。その中で今回は物語に必ず必要なものを抜粋して作っています。

もし、もう少しエピソードを入れられたとしたら、このエピソードを入れたいとかありますか?

僕が個人的に「これが入っていた方がいいんじゃないかな」って思ったのが、インホとイナとの関係ですかね。そこをもっと入れたかったかなと思います。ユ・ジョンにとって、彼が変化をする上でも助けとなった大切な2人だったんですね。初めてできた友達でもありますし、彼らとの関係はまさに“愛憎”で、その両方を持ってる2人との部分をもうちょっと入れられたらよかったのかなと思います。

大学が舞台ですが、ヘジンさんが大学生時代の印象的な思い出を教えてください。

学生時代の僕は、うるさくもなければ特に目立った学生でもなく静かだったんです。いるかいないか分からない感じだったんです(笑)。高校生の時はデザイン科に通っていたんですけど、デザイン科教室だけ地下にあったんですね。他のクラスの生徒に会うのは全体の朝礼くらいで、ちょっと距離感があったような感じでした。

回想シーンでは高校生の制服まで完璧に着こなしていていました。ユ・ジョン役へのシンクロ率100%て言われるくらいハマり役でした。実際のご自身とユ・ジョンの共通点はありましたか?

(制服姿は)ちょっと無理だったかもしれません…(日本語で)。ユ・ジョンとは、背が高いというところも共通点ですし、真っ直ぐなところがあるのも似ているところですね。彼は人気のある先輩ですけど、僕はそこまでではなかったです(笑)が、今はこうして俳優という仕事をしていますし。また外見だけではなく、内面も似ているような気がします。僕自身もユ・ジョンのように好感を持っている人に率直に自分の気持ちを表現できないところが似ていると思いますし。

では、パク・ヘジンさんご自身の性格の特徴についても教えてください。

僕自身も仕事をしているときは、ユ・ジョンのように現実的で冷静なところがあります。仕事に徹するあまり他のことには冷たいところがあると思いますね。でも一方で、情に弱くて子供や家族を愛する性格だと思います。家に帰ると、甥と姪がいるんですけど、一緒に遊んだり、家族といるときはすごく楽な姿になります。外であったことを全て忘れて、素の僕に戻れる感じ。また、靴だったりガンダムだったり、いろんなものをコレクションしているので、集めるためにいろんなサイトを見てチェックしています。少し執着しやすい性格かもしれないですね(笑)。

 

◾「何かできないというところを見せたくない、何事もしっかりうまくやりたいと常に思っています」

ユ・ジョンを演じる上で、苦労したことはありましたか?

ユ・ジョンは、言った通り、感情を上手く出せないところがあるので、何かを表現する上でも怒ってる時に怒りまくってものを壊すとか、そういうところまでは行かないんですよね。また嬉しんだけども本当に手放しで嬉しいってことをうまく表面に出すことができない。だからあまり表に出さないながらも嬉しい気持ちだったり怒りだったりをどんな風に表現したらいいのかなということが難しかったです。

映画版では、おにぎりのフィルムをうまく外せるようにこっそり練習するシーンがあります。ご自身はこんなことを人知れずやっている、などのエピソードはありますか?

実はいつもこっそり努力しているんです。与えられたことは何事もしっかりうまくやりたいと常に思っていて、例えばドラマ『マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~』の撮影では、ハンガリーで英語で講義をするというシーンがあったんですが、もともと英語が上手くなくて。でもどうしてもうまく撮りたいので、こっそり2ヶ月くらい前から英語のレッスンをして撮影に臨んだんです。幸いにもうまく撮れたんですけども、僕自身どうしても気に入らなくて、再度アフレコをすることにしました。その時には英語を教えてもらった、僕の弟くらいの年齢の知り合いにも録音室に立ち会ってもらって。何かできないというところを見せたくないというか、とにかくうまくできないというイメージがすごく嫌なんです。簡単なアクションでもアクションスクールに行って練習をしてから臨むようにしています。

おにぎりつながりで…(笑)、おにぎりで好きな具を教えてください。また、高級料理をユ・ジョンさんは食べていましたが、今ご自身が好きな料理は?

僕自身はあまり高級料理を食べる方ではなく、母が作ってくれる手料理の方が好きですし、自分でも汁物やチゲ、蒸し料理、焼きもの…ほとんどの料理ができますので、普段自分で作って食べるのもそういうありふれた料理ですね。おにぎりは昆布とか梅干しとか、キュウリが入ってたのがあってそれは海苔巻きだったんですけど、海苔巻きの中に納豆が入ってたのは知ってるんですけど、おにぎりに納豆が入ってるのを知らなかったので食べてみたいです。

また、ユ・ジョンがソルに告白するのを練習しているシーンがあります。ここはストーリー上でもすごく重要な場面だと思うんですね。慎重に演じられたと思うのですが。

ソルを呼びかけるところは、おそらく数千回くらい、色んなバージョンで撮りましたね。そこはかなり努力して撮りました。どの瞬間も、置かれた状況に合わせて集中して名前を呼んでいます。その都度感情を変えてみたり、茶目っ気を入れたりしていて。一見すると同じに聞こえるかも知れないけれど微妙に違っているので注目してみてください。

 

◾「新しい作品との出会いはいつもドキドキします」

今回の映画は、“胸キュンラブストーリー”ですが、最近ヘジンさんがドキドキしたエピソードはありますか?

胸キュンは最近ないなあ…(笑)。でも、ドキドキって必ずしも異性だけに対してだけじゃなく、新しい作品に会ったり相手役の俳優さんを含めて共演者の人に会うとドキドキしますよね。例えば、一番新しいドラマ『サジャ』でいえば、ナナさん、クァク・シヤンさん、イ・ギウさんの同年代の俳優さんたちとどういう風に息を合わせていこうかと思うとドキドキします。

精力的に作品へ出演されていますが、今後演じて見たい役、出演してみたい作品はありますか?

男性の俳優でこれくらいの年齢になると、だいたいノワールに出たいとか、ジャンルものに出て、いわゆる男らしい姿を見せたいと多くの俳優さんが思うように、僕にもそういう気持ちはあります。でも今出演しているドラマ(『サジャ』)では1人4役に挑戦させていただいているように、こんな役をやりたいと思うようなことが自然と叶っているような気がします。

最新作の『サジャ』のような難しい役に挑戦しようと思った理由は?

作品に出演するということはいつも挑戦です。新しい作品に出るとなったとき、果たして実現するのだろうか、この役を自分がうまくこなせるだろうかとも思います。でも今回の作品は、良い監督さんに恵まれ、台本もしっかり作っていただき、僕のことをしっかりと守ってくれる代表も、作家さんもいらっしゃって、そんな中でキャラクターが作られていってます。今感じているのは、1つの作品の中でもこういうことができるんだと。もちろん簡単なことではありませんし、撮影にも難しいプロセスがありますが、本当に期待しています。撮影後にはCGも入るので、今はとにかく頑張って撮って、CGなどを入れてどのような映像作品になるのかとても楽しみです。

 

久しぶりの来日ですが、時間があったら日本で何をしたいですか?

食べるのが好きなので、美味しいものを食べに行きたいですし、ショッピングにも行きたいし、いろんなところを見物にも行きたいです。今回も、ドラマの撮影があるので、明日帰らないといけないのですが、最近は毎回そうですね。なのでだいたい行くとなると予約して行けるところ、あとは人数が多くても行けるところになってしまいます。時間があれば、移動中に東京の街の中で並んでいるデザートの店とか見かけるので、そういうところにも行ってみたいんですが…。ホットスポットと言われているようなところに行ってみたいですね。

今回の映画はパク・ヘジンさんに撮って、どんな作品になりましたか?

僕にとって、『チーズ・イン・ザ・トラップ』のユ・ジョンは切っても切り離せない存在になったと思います。ある意味、俳優パク・ヘジンの固有名詞とも言えると思います。ドラマ、映画でその姿を見せることができて、これ以上悔いはありません。映画も無事に完成し、ユ・ジョンを演じてまさに“有終の美”(韓国語で有終=ユ・ジョンは同じ発音)を飾れたと思います。またこれからさらにいいキャラクターを演じて皆さんとお会いできたら嬉しいです。

 

 

==============================

映画チーズ・イン・ザ・トラップ(原題:치즈인더트랩

監督:キム・ジェヨン(『夜の女王』)
キャスト:
パク・ヘジン(「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」「マン・ツー・マン 〜君だけのボディーガード〜」、オ・ヨンソ(「猟奇的な彼女(2017、テレビドラマ版)」)、パク・ギウン(『シークレット・ミッション』『鰻の男』 、ユ・イニョン『女教師〜シークレット・レッスン〜』、パク・サンダラ『ワンステップ 〜君と僕のメロディ〜』

STORY:優しい笑顔の裏に隠された冷淡な一面。私の苦手なユ・ジョン先輩が、突然私に話しかけてきた。食事をしたり、課題をしたり、宿題を口実に映画まで観に行くことになったり…。彼が変わったのだろうか。それとも何か企んでいるのか…。そうでなければ、まさか本当に私を…?

提供:デジタルアドベンチャー/クロックワークス
配給:クロックワークス

公式サイト: http://klockworx-asia.com/cheese/

公式サイト:http://klockworx-asia.com/cheese/
公式ツイッター:@CheeseMovie0714

 

©︎Mountain Movement Story Co.,Ltd.

パク・ヘジン撮影=西尾 真介

 

 

Share: