ENTERTAINMENT

「これからも良い作品で皆さんにお会いできたら」カン・ドンウォンが来日舞台挨拶

実話をもとに韓国犯罪史上最大の金融投資詐欺事件の全貌を暴くクライムアクション映画『MASTER/マスター』。11/10(金)の日本公開を前に、9月に舞台挨拶を行ったイ・ビョンホンに続き、本作で正義感溢れる初の刑事役を熱演しているカン・ドンウォンが来日し、11/6(月)、TOHOシネマズ 上野のオープニング舞台挨拶に登壇した。

 

 

観客席後方から登場したカン・ドンウォンは、観客の大歓声を浴びながら階段を降りてステージへ。まずは日本語で「お久しぶりですね。カン・ドンウォンです」と挨拶。11/4にオープンしたばかりのTOHOシネマズ 上野での舞台挨拶にあたり、「おめでとうございます。設備などが韓国の映画館に似ていますね」とコメントした。

 

 

何度も日本に来日していることから、気に入った日本食を尋ねられると、「蕎麦も大好きですし、お寿司など好きな物がたくさんあります。他にはとんかつや、天ぷらも大好きです」とファンに笑顔を振りまいた。

 

 

また、本作で初の刑事役を演じたというカン・ドンウォン。演じた感想を聞かれると、「マニラで一ヶ月撮影をしたんですが、それが本当に大変でした。何よりも朝から30度を超すぐらい、とても暑かったです」と話し、続けて、特に大変だったシーンについて聞かれると、「マニラのその場所が貧民街だったんですね。想像していた以上にそこに暮らしている人たちの生活が大変で、苦労の多い生活を皆さんがされていたんです。その光景を見るだけで最初は心が痛みました。この映画は、腐敗した政治社会を描いているんですが、貧富の差を非常に強く感じました。胸に響くものがありましたね」と振り返った。

 

 

激しいバトルを繰り広げた、イ・ビョンホン、キム・ウビンとの共演について尋ねられると、「キム・ウビンとは年の差もあまり離れていないのですごく仲良くなりましたね。イ・ビョンホンさんとは、一緒に撮影するシーンがあまりなかったんですが、楽しく撮影させていただきました。発声と集中力が素晴らしい方です」。

 

 

今後共演してみたい監督、俳優について尋ねられると、「日本映画にすごく出演したいなと思っています。なかなか機会がありませんが、是枝裕和監督や、中島哲也監督とも一緒に映画を撮れたらいいなと思っています。いつも素晴らしい皆さんと映画を撮りたいと思っています」と明かすも、「日本語での演技ができるのか…」とつぶやいたカン・ドンウォン。日本語で「今、7年前より日本語がどんどんいいけど、まだ無理じゃないかな…」と不安を漏らすが、客席から“大丈夫だよー!”という声とともに拍手があがる一幕もあった。

 

 

最後に、会場のファンに向けて「今回観ていただく『MASTER/マスター』以外にも、今後日本でも公開していただけるのではないかと思える作品を準備しております。日本の原作の作品も撮っているので、これからも良い作品を撮って皆さんにお会いできたらと思っています。日本にもまた来たいです。これからも応援していただけると嬉しいです」と締めくくり、会場は大盛り上がりのままイベントは終了した。

 

映画『MASTER/マスター』は11/10(金)より、TOHOシネマズ新宿他にて全国公開。

 

===================================================

 

【ストーリー】 投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)は、その綿密な計画性と天性の口のうまさを駆使し、韓国最大規模の金融投資詐欺で多額の資金を市民から巻き上げる。やがて会社は倒産、チン会長は金と共に海外へ逃亡する。警察の知能犯罪捜査班のキム(カン・ドンウォン)は、優れた知性を武器に彼を逮捕すべくチームを編成。チンの部下だっITの天才パク(キム・ウビン)を仲間に引き入れ、チンの足取りをたどっていく。だが突然、チン会長の死体が外国で発見されたと報道される。容疑者死亡で捜査は終了かと思えたが、これもチンの策略と見たキムは、秘かに捜査を続行する。はたしてチンは東南アジアで別人を装い、新たな詐欺ビジネスを展開していた。捜査の手をすり抜けるチンと執拗に追い続けるキム、二人の静かで熱い攻防は、どちらの勝利で終わるのか―!

 

映画『MASTER/マスター』

監督・脚本:チョ・ウィソク

キャスト:イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンほか

2016年/韓国/143分/カラー/スコープサイズ/5,1chデジタル/字幕翻訳:根本理恵

英題:『MASTER』 配給:ツイン

公式HP:master-movie.jp

11/10(金)TOHO シネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!

 

©︎2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

 

 

Share: