ENTERTAINMENT

「アイドル陸上大会」男子新種目の“エアロビ”がとにかく凄いと話題に!

MBC旧正月特集『2017 アイドル陸上大会』でボーイズグループが披露したエアロビクスダンスはご覧になりましたか?

2010年から毎年旧正月と秋夕(日本でいうお盆)の連休中に放送されている「アイドル陸上大会」。人気アイドルグループのメンバーたちが一堂に会し、様々な競技に参加。華やかなラインナップの激しいレース、白熱した戦いを見ることができる人気の番組です。

アスリート並の運動神経を誇るアイドルも多く、新たな“体育ドル”が生まれるかどうかにも毎回注目が集まっています。

その一方、激しい戦いの中で負傷するアイドルも続出し、ファンの心配を誘うニュースも後を絶ちませんでした。番組側も医療スタッフを現場待機させたり、種目を見直すなどの対策を取りました。

そして1月30日に放送された大会で新種目として男子エアロビクスダンスが新設されました。放送前から今回の見所として予告されていましたが、実際に韓国で放送されると凄いと話題になり、瞬く間にポータルサイトの検索語に上がるなど注目を集めました。

エアロビに挑戦したボーイズグループはTEENTOP、B.A.P、SEVENTEEN、SNUPER、ASTRO、KNKの6組。レベルの高いパフォーマンスに圧巻です!

この競技ではエアロビの動作にストリートダンスを含めるルールがありました。各グループそれぞれテーマに沿って創作されたユニークな振付けやアクロバティックに目を奪われます。

カル群舞(体の角度、指先の動きまで揃った完璧なダンス)で有名なTEENTOPはオーケストラの指揮者をコンセプトに気品あふれる衣装で登場。高難度のリフトを成功させた後、ストリートダンス区間に入るとぴったりと息の合ったパフォーマンスで会場を熱狂させました。そして18.45点を獲得。

 

『アイドル陸上大会』のキャプチャーより

 

続いて登場したのはASTRO。カリブの海賊をコンセプトに青を基調とした衣装もとても素敵でした。最初にバク転で波打つ様を表現。高速ターンも綺麗に決めるなど完璧に揃ったダンスで魅了します。メンバーたちが直接振付けしたというストリートダンスでは雰囲気もがらっと変え、爽やかな笑顔で見る者を楽しい気分にさせてくれました。そのまま勢いが衰えることなく海賊たちが戦う姿を最後までパワフルに表現しました。ASTROは19.10点でこの時点で1位に。

 

SNUPERはマイケル・ジャクソンの様々な名曲とともにムーンウォークなどのダンスをポイントに取り入れ、そこに高難度のリフトやエアロビダンスを組み合わせました。見ているアイドルたちも踊り出すほど楽しいパフォーマンス。最初から最後まで視線を釘付けにする振付けで18.80点を獲得し、この時点で2位に。

 

普段ワイルドでクールな魅力のB.A.Pは、カンフーをコンセプトにコミカルな振り付けで可愛い魅力を発散。ストリートダンスはB-Boyを取り入れました。短時間で見所満載、多彩な魅力を披露した彼らは18.60点でこの時点で3位にランクイン。

 

『アイドル陸上大会』のキャプチャーより

 

続くチームKNKは平均身長185cm。高身長はこの競技には不利なのでは?と思われましたが、そのような予想を裏切る完璧に揃ったパフォーマンス。そしてアイアンマンをコンセプトにした情熱溢れる振り付けも見所でした。KNKは18.70点でこの時点3位に。

 

『アイドル陸上大会』のキャプチャーより

 

最後を飾ったのはSEVENTEEN。彼らはトランスフォーマーをコンセプトに斬新な振付けで視線を釘付けにした後、アクロバティックを連発。まるで体にバネがついているの?と思わせるような高いジャンプをしたり、キレキレのダンスで会場にいるアイドルたちの口をあんぐりさせました。彼らのパフォーマンスは19.10点で、1位のASTROとタイとなりました。

 

同点の場合、実施点のスコアが高いチームが優勝するというルールに基づいて最終的な優勝はASTROが獲得しました。

まるで体操選手みたいな凄いパフォーマンスですね。それぞれスケジュールをこなしながら約1カ月間練習をしたそうです。努力が詰まっているからこそ見る者の心に響くパフォーマンスが完成され、多くの人々の感動を誘ったのではないでしょうか。

Share: